借主の火災保険の加入状況に注意する

賃貸物件の契約の時、火災保険の加入を条件にすることは多いです。
この火災保険が有効になるのは、あくまでも入居者の利用する居室部分です。
この部屋だけ被害があり、原状回復が必要な時は、この保険を使って工事をします。
他の居室に影響した時は、それぞれの居室の加入している火災保険を使います。
建物自体に問題が生じた時は、貸主が加入する火災保険を使います。
契約をするとき、火災保険の加入をしたことの証明書などを添付してもらえば、確実に加入していることがわかります。
もし所定の期日までに提出しなければ退去を命じるなどをしていればきちんと提出してくれるでしょう。
入居時にはきちんと管理することが多いですが、それ以降に関してはあまりきちんと管理していない場合があります。
火災保険は、基本は1年ごとに更新をしますつまりは、2年目以降は本人が更新をしないと加入していない状態になる可能性があります。
入居者に更新をしてもらうことと、それがわかる証明を出してもらうようにしましょう。

大津市で中古マンションの未公開物件をお探しなら

ゼロエネルギー住宅 山科

介護付き住宅ならこちら

自分の好きを集めたお家づくり

新潟で高品質な住宅

関連記事

  • 東京の一等地でも、工夫をすれば不動産は安く購入可能です。
    たとえば、タワーマンションの最下層の …

    続きはこちら

  • 不動産は数千万円するのが当たり前です。
    高い場合は一億円以上の値段になりますから、とにかく少し …

    続きはこちら

  • 結婚したから、子供ができたからと住宅購入を考えることがあるかもしれません。
    しかし現実には考え …

    続きはこちら